【腰痛で悩む方に多い!】腰部脊柱管狭窄症とは?

こんにちは、新宿の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。

当院のお客様より、
「腰部脊柱管狭窄症とは?」
という質問をいただきましたので解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=gUa7VYfmlmI

-■【腰部脊柱管狭窄症とは?】■
腰痛の症状の中で、腰部脊柱管狭窄症になられる方がたくさんいらっしゃいます。

では、腰部脊柱管狭窄症とはどんな症状なのかと言いますと、主に加齢などによって腰椎部の脊柱管が何らかの原因により硬くなったり狭窄(きょうさく)してしまうことにより、その脊柱管の中の神経組織が圧迫される状態になります。

そうなると腰痛、下肢のしびれや痛み、下肢の筋力低下、膀胱直腸障害(排尿障害や便秘)などがあります。

また、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と言って、しばらく歩いていると、お尻や太ももの後ろ側などに痛みやしびれなどの症状が現れて歩くのが困難になってきます。

そこでしばらく座ったりしながら休憩するとしびれや痛みが治まっていきます。

そして、またしばらく歩き始めるとしびれや痛みが出てきます。

そこで、また休憩をとるとしびれや痛みが治まってきます。

このような状態何度も繰り返すのも腰部脊柱管狭窄症の特徴でもあります。

-■【じゃ、どうすればいいの?】
また、腰部脊柱管狭窄症は腰を反らすような動きをすると、脊柱管がさらに狭窄され症状が悪化することもありますので、日常生活の中ではなるべく腰を反らすような動きが避けた方がよいでしょう。

逆に腰を曲げるような前屈運動などをすることによって、腹筋や背筋を強くする必要があります