【今から心掛けたい!】腰痛を予防する座り姿勢

こんにちは、新宿の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。

当院のお客様より、「腰痛を予防する座り姿勢」という質問をいただきましたので解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=7Aj-ockRSgg

■「腰痛を予防する座り姿勢」■
腰痛は、座っていても腰が痛くなっている方が多いと思うんですけども、腰が痛くならない様な座り方、予防できる座り方をお伝えします。

まずは、腰が痛くなる座り方と言いますと、猫背の姿勢で、パソコンしたりとか、デスクワークの仕事をされている方、こういう姿勢を取ると背骨が曲がってしまう猫背の姿勢で座っているので、腰に負担がかかって痛くなってきます。

あとは、ちょっとだらし無いですけども、猫背、こう言う形をとって、ちょっとだらし無い恰好で座ってる方、これは一見楽なんですけども、こういう座り方は背骨や腰にかなり負担がかかる座り方です。

ですので、座ってても腰が痛くならない座り方、基本的には「腰は深くかけて頂いて、背筋を真っ直ぐ伸ばす」って事ですね。

深く掛けて背筋を真っ直ぐに伸ばすことによって、この角度が一番、この姿勢が腰に負担の掛かり難い姿勢に成ります。

それでもまだ腰が痛くなる方は、クッションとかを利用して、クッションを背もたれと、背中の間に挟みます。

このクッションが支点に成りまして、腰を楽に支える事が出来ます。

真っ直ぐして支点を取り易い様にし、その結果、良い姿勢が取れると、腰が痛くなり難い、疲れ難い姿勢を保つ事が出来ます。

このクッションの位置によって、楽な体勢に変わって来ます。

ちょっと高くしたりとか、低くしたりとか、位置をずらしていただいて、その方に合ったポイントで、低くクッションを入れて頂くと、ホント楽に座る事が出来ます。

その結果、痛みにくい予防のための座り方になります。