足底筋膜炎・踵骨棘について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは、足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とも言い、足底のアーチを支えている足底筋膜(足底腱膜)に損傷・炎症を起こしている状態で、小さな断裂を起こして痛みを感じる。

足底筋膜

足の裏のアーチの部分や踵(かかと)のすぐ前の部分が痛み、押すと痛みがより強くなります。起床後や長時間座っていた後などの歩き始めに痛みを感じます。痛みが強くなると踵をつけて歩けなくなります。

主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い。踵骨棘(しょうこつきょく)とは、踵の骨の前の部分にとげ状の骨がみられ、歩き始めに痛みを感じます。足底筋膜炎が続くと併発します。

原因

足底筋膜は、足アーチの保持や踵部の衝撃吸収、立っているときの足部の安定に重要な役割を果たしています。

歩行や長距離のランニング、ジャンプ、左右のフットワークの動きなどで使いすぎたり、足の裏に負担のかかる運動、足に合わない靴を履く、長時間の立位の仕事などによりストレスが繰り返しかかることで、足底筋膜に損傷や炎症を起こし発症します。

ランニング

過去にも有名スポーツ選手も足底筋膜炎を発症したケースも多い。偏平足では、路面からの衝撃の吸収や緩和が難しくなり、足全体の負担が大きくなる。衝撃吸収力や荷重分散力が低下しているため損傷されやすくなります。また、回内足や回外足では、着地の際に強い回内、回外を強制されるため、損傷を受けやすくなります。

踵骨棘は、足底筋膜が進展する際に踵の骨を過度に引っ張り、そのことが原因で、踵の骨が降起して棘状になります。その際、周辺組織が炎症を起こし、かかとの足底部の前縁、内側を押すと痛みを感じます。

その他、加齢による足底筋の筋力低下によりアーチの働きが低下する、体重増加による過重な負担などがあげられます。

改善方法

水泳やサイクリングなどの足の裏に体重や負担のかからない運動に切り替えます。

サイクリング

痛みが強い場合はテーピング、アイシングやアイスマッサージを行います。靴の中にヒールウェッジを入れ、足に負担をかけないようにすると、痛みが軽減します。足底筋膜が適切にサポートできるインソールなどを使用するのもよいでしょう。

注意点

足の形態異常がある場合は、足底板やテーピングなどで矯正することが可能です。また足底筋膜のストレッチのやり過ぎも良くないので、焦らずじっくり痛みを感じない程度にストレッチをするとよいでしょう。

偏平足の人は、靴にインソールを入れ土踏まずのアーチを形成する場合、アーチサポートは高すぎないようにしましょう。回内足・回外足の場合は、内側・外側用のヒールエッジなどを利用する方法もあります。

予防方法

足に負担の少ないクッション性が高い靴底で、かかとがしっかりしていて、足にフィットする靴を専門家と相談しながら選び、使用しましょう。足のアーチを強化しましょう。青竹踏みやゴルフボールなどを使うとよいでしょう。つま先立ちで足の指の運動もするとよいでしょう。

ランニングシューズ

足底筋膜やふくらはぎを伸ばすストレッチを行いましょう。タオルギャザー、足首を回したり曲げ伸ばし、足指じゃんけんなどです。施術では、踵骨棘は除去できませんが、足の骨格調整や足底筋膜をほぐすなどの調整を行い、関節の動きを良くし、痛みを軽減します。