メニエル病・メニエル症候群について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「メニエル病・メニエル症候群」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

メニエル病は、フランス人医師のプロスペル・メニエールが1861年に初めて報告したことからこの名前がつけられ、メニエール病、メヌエル病、メニエール氏病とも言われます。国の難病に指定されている病気です。

一般には片側の内耳の障害ですが、両側とも障害されることもあります。症状は、突発的な強い回転性のめまい、聴力低下(低音が聞こえづらくなる)、耳鳴り、耳の閉塞感、耳がつまった感じがするなどです。また、気分が悪くなり、吐き気、嘔吐、冷や汗、顔面蒼白、動悸、寒気・暑さなどの温感異常などを伴ったりもします。この発作は30分~数時間続き、週または月ごとに繰り返し起こります。

聴力検査

メニエル症候群は、メニエル病と症状は同じでも、耳や脳などには異常がなく原因がはっきりしない場合に用いられます。聴力検査で、メニエール病に特徴的な難聴が認められます。特徴は、低音障害型(低い音が聞こえにくい)あるいは水平型で補充現象陽性(音が響いて聞こえる)などです。平衡機能検査では内耳障害の所見が認められます。

原因

内耳の内リンパ液が増えすぎたために内リンパ水腫(水ぶくれ)を起こし、内圧が上がるとためと言われています。内耳の三半規管と蝸牛にむくみが起きます。

先進国で生活する人に多く、発展途上国の人には少ないことから、ストレスがこの病気の発症に関係しているといわれています。また心身の疲労、睡眠不足なども関係していると考えられています。

仕事で悩んでいる男性

改善方法

めまいが起こった時は、慌てずにできるだけ静かな場所で横になって目を閉じ、しばらく安静にしましょう。飛行機や高速エレベーターなど圧力の変化しやすい乗り物にはなるべく乗らない方が良いでしょう。

また騒音や自分が不快と感じる騒がしいところ、電車など振動が大きいところなどは出来るだけ避けるようにした方がよいでしょう。規則正しい生活を送り、水分や塩分の摂り過ぎに気を付け、バランスのとれた食事、適度な運動をこころがける、血圧が上がり過ぎないなどの生活習慣を改善しましょう。

食事

注意点

メニエル病に似ためまいがおこる病気には、突発性難聴、外リンパ瘻、聴神経腫瘍、内耳炎、真珠腫性中耳炎、前庭神経炎、遅発性内リンパ水腫などがあります。病院で鑑別診断してもらうのがよいでしょう。また診断基準を満たさず厳密なメニエール病ではない亜型として、蝸牛型メニエール病と前庭型メニエール病、レルモワイエ症候群が存在する。

予防方法

強いストレスや睡眠不足など、生活習慣に乱れがあると発症しやすくなるので、仕事や人間関係、その他のストレスをためないようにしましょう。また、水分や塩分(醤油や塩味など味付けの濃いもの)を必要以上に摂りすぎない方が良いでしょう。

激しいスポーツや運動、トレーニングなどは、症状を悪化させる恐れもあります。また瞬発力のいる無酸素運動は内耳などに負担がかかりやすいので、医師と相談しながらするようにしてください。自分の体力や筋力に合った適度な有酸素運動を心掛けて下さい。内耳は頭蓋骨(側頭骨など)の歪みと関係している場合があります。施術では、頭蓋骨と同時に頸椎や骨盤の歪みなどを改善します。