棘下筋・小円筋炎について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「棘下筋・小円筋炎(きょくかきん・しょうえんきんえん)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

棘下筋・小円筋炎(きょくかきん・しょうえんきんえん)は、肩関節のインナーマッスルである回旋筋腱板(ローテーターカフ)に含まれる棘下筋・小円筋が損傷を起こし、主に肩の後ろ側、肩甲骨の外側に痛みが起こります。

棘下筋および小円筋は、肘を90度に曲げた状態で上腕を外側に回す働き(外旋)をする筋肉で、肩甲骨の背中側にあります。肩こりや背中の痛みの原因にもなりやすい筋肉です。また肩関節は構造上、他の関節に比べて可動域が広い関節なので、棘下筋・小円筋に過剰な負担がかかりやすく、痛みが出やすくなります。

原因

肩、肩甲骨周辺の使い過ぎで棘下筋や小円筋が異常収縮し、付着した部分が引っ張られて痛みが発生します。またデスクワークや手作業などで、同じ姿勢を取り続けることによって、棘下筋や小円筋が硬直して痛みが出ることもあります。

棘下筋は、腕の振り下ろし動作の最後に腕にブレーキをかける役割があり、野球、バレーボール、ハンドボール、水泳、テニス、バトミントンなどの肩関節に負担がかかりやすいスポーツで、投球などのように振り下ろし動作の反復により腱が伸ばされて損傷を起こします。

水泳

改善方法

肩関節周辺の筋肉の緊張を取り除き、血行を良くします。急性期は、患部を固定し、アイシングを行うのがよいでしょう。その後は運動療法でストレッチや筋力強化を行いましょう。この時に肩関節と同時に肩甲骨周辺を動かすストレッチや運動をするとよいでしょう。

注意点

四十肩や五十肩、背筋痛などと症状が似ているため、病院でのX線撮影、MRI、超音波検査などによる鑑別や医師の診察を受けて下さい。

診察

予防方法

チューブやゴムバンドなどを使って棘下筋・小円筋を鍛えます。肘を90度に曲げて脇に固定し、肘を脇から離さないようにしてチューブを外側から内側にゆっくり引っ張ったり戻したりを繰り返します。最初は小さい動きから始めて、徐々に動きを大きくするとよいでしょう。肩甲骨周辺の筋肉をストレッチをするとよいでしょう。

施術では、肩から背中にかけて、特に肩甲骨まわりや肋骨、背中の筋肉をほぐしながら血行を良くし、肩関節や胸鎖関節、肩甲骨や背骨などの調整(矯正)を行います。