有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)とは、足の内くるぶし前下方に外脛骨と呼ばれる過剰骨が存在することがあり、その骨が原因で腫れや痛みが生じる病態です。

足部中央の内側には降起が認められ、偏平足を伴うことが多くみられます。外脛骨は、足の舟状骨(しゅうじょうこつ)という骨の一部が成長過程で分離したまま残ったもので、日本人では15~20%にみられます。

合わない靴による圧迫や捻挫などでにより外脛骨に圧迫が起こることで発症することがあり、若年性のスポーツ障害として多くみられる疾患のひとつですが、成人にもみられます。

原因

外脛骨には後脛骨筋(足を底屈させる筋肉)が付着しているため、偏平足、スポーツによる負荷のかけ過ぎやシューズによる圧迫、捻挫などが引き金となり、下腿の筋肉が硬くなると後脛骨筋が引っ張られ、外脛骨と舟状骨との間の結合部が損傷し炎症を起こします。また過剰な骨であるため、骨が膨隆して、押すと痛みを伴います。

改善方法

足部中央の内側に歩行時や疼痛部分が靴に当たって痛みを感じる場合は、まずレントゲン検査で外脛骨の有無を調べるために病院(整形外科)を受診しましょう。炎症が強く熱がある場合は、患部をアイシングするとよいでしょう。

診察

歩行動作やスポーツなどの練習量や練習方法を見直し、シューズが自分に足に適しているかどうかチェックします。クッション性の良いシューズを履くことや、土踏まずの部分を持ち上げるようなアーチサポートを利用すること(インソールなど)、で外脛骨部への負荷を軽減します。歩行時に基本的な歩行が出来ていない場合は、専門家に相談して正しい歩行動作が出来るようにして下さい。

テーピングでアーチの保持を補助的にサポートするのも有効です。病院では、対処療法で痛みが治まらない場合や再発を繰り返す場合には、外脛骨を除去する手術が行われる場合もあります。

注意点

痛みのある間はジャンプやダッシュなど足への負担が大きいスポーツ活動や長時間の歩行動作を一時制限し、局所に体重をかけたりする負荷のかからない筋力トレーニングなどを行うようにした方がよいでしょう。

予防方法

シューズは自分の足にあった負担の少ないものを履きましょう。偏平足や回内足(踵の内側への傾き)の場合は、適切な足底板を使用しましょう。足の裏の筋力や下腿の筋力、柔軟性を強化しましょう。

トレーニングシューズ

運動前後は下腿のストレッチを入念に行い、アイシングなどで筋肉の疲労をためないようにしましょう。施術では、外脛骨を無くすことはできませんが、下腿の筋肉や後脛骨筋腱などの緊張をほぐし、偏平足や回内足を改善します。