シンスプリント(Shin splints)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「シンスプリント(Shin splints)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

シンスプリント(Shin splints)とは、長時間のランニングや登山、サッカーやバスケットボール、バトミントン、テニス、陸上など瞬発力を必要とする動きを連続して行うスポーツなどによる障害の一つで、脛骨疲労性(脛骨過労性)骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)とも言い、ふくらはぎの内側の中1/3から下1/3にかけて鈍痛、腫脹があります。発生部位はヒラメ筋(つま先立ちする時に収縮する筋肉)の腱が付着する付近です。

原因

脛骨を覆っている骨膜が炎症を起こしています。激しい動きによる筋肉の酷使、コンクリートなど地面が硬いところでの走り込みやトレーニング、足に合わないシューズの使用、悪いランニングフォーム、筋力不足、偏平足やがに股、回内足、アキレス腱が硬いなどが発生の誘因としてあげられます。

改善方法

発症直後は、トレーニングを休止して患部をアイシングやテーピングをして安静にします。痛みが軽減してきたら、ストレッチや筋力強化を行います。またアキレス腱が硬いとシンスプリントになりやすいので、アキレス腱のストレッチもするとよいでしょう。

トレーニング方法などに無理がないかどうかをチェックし、改善します。シューズも足に合ったものを使用します。この時に足の大きさだけではなく、横幅も自分に合ったサイズのシューズを選んでください。

注意点

ある一点に集中するような痛みがある場合は、脛骨の疲労骨折の可能性もありますので、専門機関の受診をお勧めします。

予防方法

運動前は十分なウォーミングアップ、運動後にはアイシングや施術を受けてケアをして下さい。入浴後にもストレッチングなどを行い、筋肉や関節を柔軟にしましょう。
大腿四頭筋、下腿三頭筋などの筋力強化を行いましょう。

施術では、股関節、足関節、アキレス腱を中心とした下肢のストレッチングを行いながら、関連する筋肉の緊張をほぐし、関節のずれなどの調整(矯正)を行います。