後十字靭帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「後十字靭帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

後十字靭帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)とは、大腿に対して下腿の後方向への動きを制限する後十字靭帯の損傷のことで、下腿が後方にシフトし、膝関節がズレたりぐらつくようになります。

膝がスムーズに動かなくなることで、立ったり歩いたりする時に支障をきたしたり、疼痛や違和感を起こしたり、下腿や膝裏が腫れたり、水がたまったりします。この症状が慢性化するとふくらはぎにも痛みを感じたり、むくんだりします。

原因

スキー、バスケットボール、サッカー、バレーボール、ハンドボール、体操競技などのスポーツ中の激しい接触プレーや高い所からの着地、転倒、交通事故などにより膝が前方から強打し、後十字靭帯が損傷したためです。

ハンドボール

改善方法

氷嚢

受傷直後は、応急処置として安静にしてアイシングを行い、サポーターやテーピングで固定します。無理に自力で歩くことでより痛みが悪化することもあるので、移動の際は松葉杖や車椅子などを利用して移動するとよいでしょう。短距離ならおんぶでもよいでしょう。

痛みが軽減したら、施術などにより膝の可動域の回復、筋力強化を行います。また定期的に施術を受けたり、リハビリを行うことで痛みの再発を防ぐことも大切です。

注意点

後十字靭帯損傷は、前十字靭帯損傷に比べ日常生活に支障をきたすことが少ないですが、剥離骨折が併発している場合もありますので、痛みが強い場合には専門家の診察を受けることをお勧めします。

また後十字靭帯損傷は、痛みがあっても無理すれば歩くことも出来るので、病院での診察を受けない人もいますが、症状が悪化すると膝の痛みだけではなくハムストリングスやふくらはぎに痛みを感じることもあり、その痛みをかばってさらに強い痛みになることもありますので、必ず医療機関で診察を受けて下さい。

診察

予防方法

運動を始める前にはウォーミングアップを十分に行い、柔軟体操などで筋肉や関節の柔軟性を保ち、運動後もアイシングやクールダウン、施術を受けるなどのアフターケアを欠かさないようにしましょう。大腿伸筋である大腿四頭筋や屈筋であるハムストリングス、アキレス腱をバランスよく鍛えましょう。

施術では、膝が動かせるような状態になってきたら、膝の屈筋や伸筋をほぐして緩め、膝関節だけでなく、膝の影響を受け負担がかかっている他の部位(骨盤、股関節、足首、膝周辺の筋肉など)についても調整します。