ジャンパー膝について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「ジャンパー膝」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

ジャンパー膝は、別名を膝蓋腱炎または靭帯炎とも言い、バレーボールやバスケットボール、ハンドボール、体操などのようにジャンプを繰り返したり、サッカーやテニス、バドミントンのようにキックやダッシュを繰り返したりするスポーツに起こりやすい膝の痛みを主訴とする障害です。また重労働によってジャンパー膝になることもあります。

バスケットボール

膝前面の疼痛と圧痛を伴い、患部の腫れや熱感を生じたりします。また痛みで立ちにくい、歩きにくいなどの弊害もでます。症状が重くなると、膝蓋腱・大腿四頭筋腱の断裂を引き起こします。

原因

ジャンプ動作の多用により、膝蓋腱炎と大腿四頭筋腱付着部炎が起こるためです。大腿四頭筋、ハムストリングス、アキレス腱などが硬いために膝に負担がかかり柔軟性低下や筋力低下によって起こりやすくなります。

改善方法

氷嚢

応急処置として、患部のアイシングを行います。痛みが強ければキネシオテープやサポーターなどで膝を保護して下さい。膝に異常を感じたら、早めに医療機関で診てもらうのが良いでしょう。

スポーツを休まず続ける場合は、大腿四頭筋、ハムストリングス、アキレス腱などのストレッチなどを十分に行い、テーピングなどで負担を軽減しますが、慢性化しやすいので、スポーツを中止した方が良いでしょう。

注意点

鑑別すべき類似疾患として、オスグッド・シュラッター病、半月板損傷、側副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷などがあります。診断名を間違えると対処方法や治療法も変わってくるので、正しい診断が必要です。

予防方法

大腿四頭筋、ハムストリングス、アキレス腱などのストレッチや筋力トレーニングを行ないましょう。施術では、大腿四頭筋、ハムストリングス、アキレス腱および周辺の筋肉をほぐしながら血行を良くし、膝関節や股関節、骨盤などのずれや歪みを改善します。