側副靭帯損傷(そくふくじんたいそんしょう)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「側副靭帯損傷(そくふくじんたいそんしょう)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

側副靭帯損傷(そくふくじんたいそんしょう)とは、膝関節にある側副靭帯(内側と外側の2種類ある)が、膝関節にスポーツや肉体労働、転んだり、事故で追突されたりなどで膝に異常な力が加わり、反らすことにより損傷することをいいます。

膝を外に反らすことにより起こる内側側副靭帯損傷では、靭帯の大腿骨付着部に腫脹や疼痛が認められ、膝を外側に反らすと激痛が現れます。膝を内に反らすことにより起こる外側側副靭帯損傷では、膝の外側に腫脹や疼痛が認められます。膝の運動制限や立位や歩行障害などが起こります。また膝の痛みをかばうことにより、腰痛、股関節痛などの痛みを誘発することもあります。

側副靭帯損傷が肘に起こる肘関節側副靭帯損傷の場合は、腕を真っ直ぐに伸ばし、外から力を加えたときに肘に痛みがあります。

原因

側副靭帯は、膝関節が内側や外側に反るのを防ぐ役割をしていますが、サッカーやテニスなどの左右の動きが激しいスポーツ、スキーや事故などで転倒したりして、膝がねじれてしまうことにより傷ついてしまうことにより起こります。

改善方法

応急処置として、安静にし、患部をアイシングします。腫脹がある場合は軽く包帯などで圧迫しましょう。包帯やテーピング、サポーター、ギブスなどで膝を固定します。痛みが強い場合は無理に自力で歩こうとせずに、膝に負担をかけないように松葉杖や車椅子で移動するとよいでしょう。痛みが軽減してきたら、施術を受けましょう。

診察

注意点

損傷の程度によっては、十字靭帯や半月板の合併損傷や靭帯付着部を骨折している場合もありますので、まずは早目に専門医を受診しましょう。

【予防方法】

運動後は関節をアイシングすることで、負担をやわらげます。体重の増加は膝への負担を増大させるので、余分な体重は減らしましょう。

固定中でも大腿四頭筋や腸腰筋、ハムストリングスなどに力を入れ、患肢の拳上訓練を行い、筋委縮を予防しましょう。復帰後のスポーツ活動時やトレーニング時は、しばらくは再発予防のためのテーピング、運動やトレーニング後にはアイシングを行うとよいでしょう。施術では、大腿部周辺の筋肉を中心にほぐし、側副靭帯や関節のずれを元に戻し、関節の可動域を改善します。

体重計の前に並ぶ太った男女