半月板損傷(はんげつばんそんしょう)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「半月板損傷(はんげつばんそんしょう)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

症状

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)とは、大腿骨と脛骨の間にあるC型(横から見ると三角形)をした繊維状の軟骨(半月板)が、過剰な衝撃が加わったり、正座などの長時間慢性的な負荷がかかり続けたり、不用意なひねりが加わったりしてひびが入ったり、裂けたりする損傷のことです。

膝を押さえる男性

半月板は、外側半月板と内側半月板とがあり、大腿部から受ける体重の荷重を分散し衝撃を吸収するクッションの働きをしています。立ったり歩いたりした時、階段の上り下りなどでの膝の疼痛が主な症状ですが、歩行時に膝がガクッとなる膝崩れや、引っかかり感が現れることもあります。

半月板の損傷が大きくなると、膝が伸びなくなる(ロッキング)などの症状が現れ、膝の疼痛や腫れ、膝周りが硬くなる、運動障害、歩行障害などを来します。また、膝関節に水がたまったりすることもあります。

原因

スポーツや肉体労働などで膝にひねりや衝撃が加わり半月板が切れたり裂けたりする場合や、前十字靭帯損傷に合併して起こる場合があります。また、長時間正座のやり過ぎや加齢に伴い半月板が変性して起こる場合もあります。

改善方法

受傷した場合は、安静にし、患部をアイシングします。損傷の状態にはいくつか種類があり、施術で改善するケースもありますが、手術が必要な場合もありますので、MRIのある専門医を早目に受診されることをおすすめします。

氷嚢

痛みが強い場合はサポーターやキネシオテープなどで膝を保護するとよいでしょう。それでも痛みが変わらない場合は、無理に自力で歩こうとせずに、膝を悪化させないためにも一時的に松葉杖や車椅子で移動するのもよいでしょう。膝の関節を支えている筋肉をほぐしたり、ストレッチ、鍛えたりすることで症状が改善する場合があります。

注意点

半月板はレントゲン写真では写らないため、半月板損傷の診断にはMRIや内視鏡検査で確認します。また痛みの原因が側副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷などの場合もありますので、医療機関で詳しく診察を受けて下さい。

診察

予防方法

下肢や臀部、腸腰筋などの体幹の筋肉のストレッチングやバランス感覚のトレーニングを行い、運動前はウォーミングアップを十分に行いましょう。膝関節を支えている大腿四頭筋やハムストリングスなどの筋肉を鍛えましょう。施術では、腸腰筋や関節周辺の筋肉を緩めながら、関節の可動域やずれを改善します。