大腿四頭筋炎(だいたいしとうきんえん)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「大腿四頭筋炎(だいたいしとうきんえん)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

【症状】

大腿四頭筋炎(だいたいしとうきんえん)とは、スポーツなどでランニングやジャンプを繰り返し行う、筋肉トレーニングでスクワット、ウサギ跳び 、階段の上り下りなどで大腿四頭筋(太ももの前部の筋肉)が疲労して異常収縮し、膝の上や腰の下などに痛みが生じます。

【原因】

サッカーやバレーボール、バスケットボール、ハンドボールなどでキックやジャンプを繰り返し行う動作で、急激なストップ動作が大腿四頭筋に加わったり、陸上競技で100メートル走などの短距離走や走り幅跳び、走り高跳びなどで瞬発力が必要な種目、マラソンのように長時間走り続ける競技などで、筋肉が疲労を起こしてしまい筋肉の緊張(異常収縮)状態に陥ったのが原因です。

短距離走

【改善方法】

氷嚢
急性期は、患部を安静にし、アイシングなどを行うと痛みが軽減されます。
ストレッチングなどで大腿四頭筋の疲労による緊張状態を取り除きます。
応急処置としてキネシオテープやサポーターをすると楽になることもあります。

【注意点】

そけいヘルニアと症状が似ていることがあります。触ってしこりがあればそけいヘルニアの可能性が高くなります。
痛みが重症化すると治りにくくなるので、早めに医療機関で診察を受けて下さい。

専門外来

【予防方法】

運動の前後に大腿四頭筋などのストレッチングを行い、筋肉をほぐしましょう。特に運動後にはアイシングをするのも効果的です。
大腿四頭筋などの筋力を強化しましょう。
股関節や膝関節、足関節の可動域を広げてケガをしにくい体にしましょう。
運動などをするときは、キネシオテープやサポーターの使用も再発防止に役立ちます。
施術では、大腿四頭筋、下腿三頭筋などの筋肉の過緊張を取り除き、膝関節や股関節の可動域を改善し、骨盤の歪みなどを矯正します。