変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)」についての解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

https://youtu.be/RzagYhzalP0

【症状】

変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)とは、腰部変形性脊椎症のことで、腰椎や椎間板などが加齢や長期間腰に負担をかけ続けたことにより変形し、腰が重い・だるい、違和感、腰に鈍痛やこわばり、足のしびれなどの症状を起こします。

男性の腰痛(座)

中高年に起こる腰痛の主な原因です。
腰や下半身の筋力低下や肉体労働やスポーツなどで腰に負担がかかると起こりやすくなります。
またデスクワークなど座りっぱなしや立って仕事をすることの多い人や肥満の人などにも多くみられます。
朝起きたときや、歩き始めのとき、椅子から立ち上がるときなど、動き始め(初動)に痛みがみられます。

進行すると、坐骨神経痛に似た症状でお尻や足の裏側まで痛みが出るようになります。
体が冷えると症状がひどくなる場合もあります。
椎骨や椎間板に変形が起こると姿勢が悪くなります。

変形によって腰が後ろに曲がったり(後弯)、側方に曲がったり(側弯)します。
変形しても痛みが出ない場合もあります。

【原因】

椎間板は、加齢や長期間腰に負担がかかることにともなって水分がしだいに少なくなり、薄くなって弾力も失われて硬くなってきます。
また、悪い姿勢などにより椎間板は傷みやすくなります。

椎間板が老化すると、椎体の端にとげのような骨(骨棘)が出てきます。
椎間板がさらに薄くなり、骨の変形が進むと、神経の通り道(脊柱管)が圧迫されるようになり、足の痛みやしびれが起こります(脊柱管狭窄症)。

【改善方法】

腰を温めると楽になります。

お風呂

お風呂上りなどに腰のストレッチや骨盤体操などをして柔軟性を高めるとよいでしょう。
お尻や太もも裏や膝、ふくらはぎまで痛みやしびれがある場合は、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の疑いもありますので、レントゲンやMRIなどで確認することをおすすめします。

コルセット
痛みが強い場合はコルセットで腰を保護して下さい。
痛みが落ち着いた頃から少しずつコルセットを付けている時間を減らしながら、治療を受けると良いでしょう。

【注意点】

変形性腰椎症は、そのままにしておくと脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどを併発してしまう場合もあります。
初期の頃は痛みなどの症状を感じない場合もありますので、腰に違和感や張り感などの自覚症状に気づいた時点で、早めに医療機関で診察を受けて下さい。

【予防方法】

毎日体操をして、腹筋や背筋、下半身を鍛えましょう。
ウォーキングなどの有酸素運動も良いでしょう。

猫背などの悪い姿勢や長時間同じ姿勢をとらないようにしましょう。
肥満の人は、腰への負担を減らすため、減量に努めましょう。
ただし急激なダイエットは体に負担がかかりますし、リバウンドしやすくなるので、医師と相談しながら無理のないダイエットメニューにして下さい。

ストレスをためないようにし、心も健康状態を保つようにしましょう。

施術では、椎体や椎間板の変形そのものは元に戻せませんが、腰および周辺の筋肉の緊張を緩めて血行を良くし、筋バランスを整えます。
また、腰椎や骨盤の歪みを矯正し、神経の圧迫を改善します。