【気をつけよう過剰な運動!】シンスプリント~症状と原因

シンスプリントは、足の脛骨の辺りに痛みを感じることが多い症状で、症状がひどくなると疲労骨折に繋がります。

運動量が過剰になるとこの症状が現れます。

シンスプリントの原因ですが、陸上やマラソンとなどでよく起きると言われています。

それ以外にも、テニス、バスケなどで走ったり、ジャンプすることでも現れる障害です。

つまり、どんなスポーツでもシンスプリントになる可能性があります。

例えば、新入団した部員がハードなトレーニングをいきなりした場合など、起こりやすいと言われています。

硬い地面の上を過剰にランニングしたり、足を曲げてジャンプしたり、筋肉を酷使させることなどが原因と考えられています。

ハードな運動に慣れていない選手は筋力が弱いので、シンスプリントになりやすいのです。

筋肉と骨が組み合わさって負荷に耐えるわけですが、酷使すると急激に力が加えられるので支えきれなくなるのです。

固い地面やアスファルトは足の裏にかかる負担が大きいので、そうした運動を毎日続けていると、筋肉と骨の機能が果たせなくなるのです。

シンスプリントを予防するには、下肢の筋力強化とストレッチが大事で、靴はクッション性の良いものを選ぶことです。