眼精疲労(がんせいひろう)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「眼精疲労(がんせいひろう)」の解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

https://youtu.be/tLTuAK2FIfs

【症状】

眼精疲労1
眼精疲労(がんせいひろう)とは、眼を長時間使う、細かい作業などを続けることにより、目の疲れ、眼のかすみ、眼の痛み、眼の奥の痛み、眼の渇き(ドライアイ)、物が二重に見える、目の充血、まぶしい、涙が出るなどの目の症状が出る。
ひどくなると頭痛、肩こり、吐き気、気持ち悪くなるなどの全身症状などが慢性的に出現する状態のことです。
イライラやうつ病などの心の症状が出ることもあります。

一般的な疲れ目であれば一晩質の良い十分な睡眠を取れば回復しますが、眼精疲労は疲れ目より症状が重いので、睡眠や休養をとっても症状が回復しにくい。
パソコンやスマートフォンなどの長時間の作業により起こる眼精疲労は、VDT症候群(テクノストレス眼症)と呼びます。

【原因】

スマートフォン
頸椎の歪みによる自律神経のバランスの乱れや神経伝達の阻害、眼球や頸部の筋肉が硬くなることによる血行不良などが原因です。

最近は、パソコン作業やテレビゲームや読書、スマートフォンなど、長時間の目の酷使による眼精疲労が増えています。
またパソコンやスマートフォンのモニター(画面)から出る、ブルーライトによる目のピント調節機能への負担。

他に、目の病気(ドライアイ、白内障、緑内障)によるもの、眼鏡やコンタクトレンズの度が合わないことによるもの。
特にコンタクトレンズの使用において、正しい使い方をしない、コンタクトレンズを付けたまま寝る、洗浄しないなどで目に負担をかける。

近視・遠視・乱視・老眼などの焦点を合わせる目の調節作用の低下によるもの、慢性疲労・過労・睡眠不足・日頃のストレスなどによるもの、全身疾患に伴うものなど、様々な原因があります。

【改善方法】

温めおしぼり
眼の筋肉が硬くなることによっての眼精疲労になりますので、眼の周囲や全身の筋肉のマッサージ、温めたおしぼりで目を覆うと血行が良くなり症状が軽減します。

VDT症候群※1の場合は、職場や作業環境の見直しや適度な休息などをとることで症状が改善することがあります。
目の病気が原因の場合は、病院で精密検査をして診てもらうことが必要です。

※1
VDT症候群とは、パソコンなどのディスプレイ(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の作業により、目や身体や心に影響のでる病気で、別名 “IT眼症(がんしょう)” とも呼ばれています。

【注意点】

視力検査
目の病気がないかどうかは、定期的に眼科でチェックするようにしましょう。
眼球を指圧する行為は危険ですのでやめましょう。

【予防方法】

休憩
パソコンやスマートフォンなど、眼を使う作業が長いときは、定期的に目を休め、眼球を動かす目の体操や遠くと近くを交互に見てピント調整を正常にするトレーニング、目の周りをマッサージするなどして、目の周辺の筋肉をほぐし血行を良くします。
同時に首や肩など、全身の筋肉も動かすようにしましょう。

施術では、頸部の筋肉や全身の筋肉を軟らかくして血行を良くする。
頸椎の歪みを矯正し、自律神経の乱れを改善します。

>>>眼精疲労の施術について>>>