脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)について

こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。当院の「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」の解説をします。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

下向き矢印(赤)

https://youtu.be/bSJCZxwN7Yg

【症状】

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、腰痛、下肢痛、痺れ、間欠性跛行(かんけつせいはこう)を特徴とする症状があり、主に中高年に多い病気です。


間欠性跛行とは、しばらく立ったり、歩いていると腰部・臀部・下肢などに痛みが出てくるので休み休みでないと長い距離を歩けないことを言います。
立ったり、歩くと症状が強くなって足が前に出しにくくなったり、痛みで歩けなくなりますが、しゃがんだり、座ったりして少し休むと症状が軽減してまた歩けるようになります。
主に腰やお尻から膝の裏側にかけて痛みやしびれがあります。
腰を反らすと痛みが出やすくなり、腰を丸くすると痛みが和らぎます。

また、しばらく立っていたり歩いていると、足がだるく重くなり、時には痛くなったりします。
ひどくなると痛みで足に力が入りにくくなり歩行困難や排尿障害などが起こります。

【原因】

背骨の一つ一つの骨(椎骨)の真ん中には神経が通る穴が開いており、頸椎から腰椎までトンネルのような形をした脊柱管があります。
この脊柱管が腰に過度な負担がかかることによって、黄色靭帯が厚くなって脊柱管の中が狭くなって神経が圧迫されることで痛みやしびれが起こります。

主な原因は加齢や長期間腰に負担をかけ続ける、スポーツや運動で腰に過度に負担をけるなどで腰椎や椎間板が変形したり、脊柱管のまわりの靭帯が厚くなったりして、少しずつ狭くなったりすることで起こります。
生まれつき脊柱管が狭い人もいます。
また、変形性脊椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎変性すべり症などに起因して発症したりします。

変形性脊椎症による腰痛とは?

腰椎椎間板ヘルニア
http://www.nishishinjuku-seitai.com/information/archives/595

【改善方法】

神経を圧迫しないように、座ったりしゃがみ込む姿勢を取ったり、体を少し丸くすると痛みが和らぎます。
間欠性跛行がある場合は病院での受診をお勧めします。

【注意点】

脊柱管狭窄症は、変形性脊椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などに起因して発症することがあります。
これらの病気が合併していないかレントゲンやMRIなどで確認する必要がありますので、痛みの原因を自己診断で判断せずに病院で精密検査をしてもらうことをお勧めします。

【予防方法】

バランスボール
体操などで腰のまわりの筋肉を鍛えましょう。
ストレッチで腰・臀部・太もも裏・アキレス腱などの筋肉を伸ばしましょう。
体を冷やさないようにしましょう。お風呂などで温め、血行を良くしましょう。
喫煙は肺に負担がかかり血行が悪くなるので禁煙しましょう。
アルコールも肝臓、腎臓など内蔵に負担がかかり、筋肉にも悪影響を及ぼすので、適度なアルコール摂取を心掛けて下さい。
肥満や糖尿病、動脈硬化などの疑いがある人は、食事・運動などの生活習慣を改善しましょう。
姿勢が悪いと腰に負担がかかりますので、普段から良い姿勢を心掛けて下さい。
施術では、腰の筋肉をほぐして血行を良くし、背骨や骨盤の歪みを整えて、神経の圧迫を取り除きます。