坐骨神経痛の改善のために知っておくべき50のこと

こんにちは、新宿区の整体
「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。

このページは、「坐骨神経痛の改善のために知っておくべき50のこと」をまとめているページです。
坐骨神経痛で悩むあなたの痛み改善のお力になれれば幸いです。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
【揉まない整体が行う坐骨神経痛の施術】

YouTube Preview Image

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは、人の体においてさまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛。原因はさまざまであり、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされている。最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされている。(Wikipediaより引用)

坐骨神経痛の説明

坐骨神経痛についてご説明させていただきます。
坐骨神経痛といいますと、腰の方から痛みがあるとか、あるいはお尻(臀部)から太ももにかけて痛みや痺れが出るというのは、みなさんが思う坐骨神経痛の症状だと思います。

そして、坐骨神経痛と言いますと、文字通りに神経を圧迫することによて、痛みや痺れが出ると思われている方もいらっしゃると思います。
実際は、脊髄神経を圧迫してしまうと、痛みとか痺れというよりも麻痺が起こります。

例えば、足の感覚が普通の感覚ではなく、足が思うように動かないとか、力を入れようとしても思うように力が入らない、歩いていて躓きやすいとかいった症状があります。
また、おしっこや排便が出にくいなどの症状が麻痺になります。

●坐骨神経痛とは何?
コンディションによっては坐骨神経痛が出たり出なかったりする方場合もあり、症状が重い場合は筋肉、関節痛と違い、回復するのに時間のかかる症状とも言えます。

●坐骨神経痛は治りますか?
体の状態や痛みの状態に合わせてストレッチ、体操、運動、筋力トレーニングなどをしていただくと改善が見込まれます。

●坐骨神経痛は治るもの?
先ず坐骨神経痛の原因をきちんと特定することが大切で、医師の診断を受けることが最初のステップです。その後の対応についてご説明します。

●坐骨神経痛を改善させる整体とは?
整体のひとくくりだけで、あるいはどの整体を受けても必ずすべての坐骨神経痛が治るわけではなく、その先生の技術や経験、手技療法でも改善が違ってきます。

●坐骨神経痛になった時、どうすればいい?
この場合は、体に無理をさせないことが重要です。そのための体の休ませ方を解説していますので、ご参考にされてみてください。

●坐骨神経痛になったら、生活で気をつけるべきこと
坐骨神経痛になった場合は、意識して常に姿勢を正すということが、もっとも注意するべき点です。肩こりなど直結するため、意識して姿勢を正しましょう。

●坐骨神経痛と上手く付き合うには?
坐骨神経痛などの神経痛は、身体の歪みから引き起こされているため、骨格を整えることも大切です。上手く付き合う方法をお伝えしています。

●諦めないで!坐骨神経痛と上手く付き合うには?
先ずは坐骨神経痛になる普段の生活習慣を見直して頂いて腰に負担が掛かる原因をもう一度洗い直して頂いてみるのもいいかと思います。

●仕事で困る。坐骨神経痛と椅子の関係
椅子の形状・椅子の高さや座席のクッション性、背もたれの硬さや背もたれの位置で、良い姿勢が保ちやすい椅子と保ちにくい椅子があります。

●坐骨神経痛と梨状筋症候群の秘密
梨状筋症候群は、お尻の筋肉の深層部の梨状筋が硬くなることによって、神経を刺激しやすくなり坐骨神経痛になりやすいです。

●早く楽に!坐骨神経痛と完治
坐骨神経痛の原因は、腰の骨が硬くなったり骨盤の動きが悪くなったり、骨盤がずれたり、運動不足による筋力低下など様々な理由があり、そこから改善することが重要です。

●教えて!坐骨神経痛の不調とは
症状が酷くなると最初のうちはお尻の辺りが違和感から始まり、最終的には歩行困難になりまして日常生活もままならない不自由な生活を強いられることもあります。

●知りたい!坐骨神経痛と手術について
手術の場合は、やはり身体に大きな負担が掛かりますので、なるべく手術は避ける様な方向で治療した方がよいかと思います。

●回復するの?坐骨神経痛と施術期間
人それぞれ坐骨神経痛になった原因が違いますので、生活習慣、筋力、柔軟性など、同じ施術を受けても回復に個人差がどうしても出てきます。

●放置は危険!坐骨神経痛と歩行困難
坐骨神経痛で症状が進むに従って、段々痺れや痛みが酷くなりますと、痺れなどで足の感覚が鈍くなって歩きにくくなってきます。

●知っておくべき!坐骨神経痛を放っておくと?
坐骨神経痛の症状が進むと、ハムストリングス太股の裏側まで痛みや痺れが拡がり、膝の裏、脹脛足の踝、最終的に指の先まで痛みや痺れが拡がります。

●使い方間違っていた?坐骨神経痛に温湿布は効果がある
温湿布はあくまでも一時的な症状の緩和という意味で使う分では問題ないかと思いますが、温めるという意味においてすごく意味のあることだと考えています。

●知りたい!坐骨神経痛になるとどうなるの?
坐骨神経痛になると、痛みによって歩くと痛みが更に酷くなる、痺れも酷くなるという事で長い間歩いていられなくなるという事もあります。

●坐骨神経痛になった時の対処法
まずは最先端の医療で現状把握をした上で、筋肉系の問題であれば施術がしっかりとできますので、まずは現状把握をしっかりとしましょう。

●中学生でも坐骨神経痛になる?
中学生が坐骨神経痛になる場合は、やはり普段の猫背の姿勢や運動をしないというお子様に関しては坐骨神経痛になることもあります。

坐骨神経痛の根本原因

坐骨神経痛の根本原因

痛みや痺れといった症状になりますと、神経の圧迫よりも血管を圧迫することで血行障害になりますので、その辺を分けて考える必要があると思います。
本当に神経を圧迫してしまうと、足に力が入らない、明らかに反対の足と比べて感覚が違う、排尿困難などの症状が出てきます。
そういった症状で悩まされている場合は、整形外科で精密検査を受けたり治療を受けて頂くことが必要になると思います。

一般的に言われる坐骨神経痛の痛みや痺れは、臀部の痛み、太ももや膝裏・脹脛にかけての痛みや痺れの症状は、神経の圧迫というよりも血管の圧迫になります。
血管を圧迫されることによって、血行障害が起こりますので、血液の流れが悪くなることによっての症状になります。

●どうにかしたい!坐骨神経痛は、なぜ起こる?
坐骨神経痛は、背骨に脊髄神経が通っていますので、その脊髄神経を圧迫することによって坐骨神経痛という症状が出ます。

●もう悩まない!坐骨神経痛の原因
お尻にある梨状筋という筋肉が原因で、坐骨神経痛になるケースもありますけれども、やはり根本的なのは背骨と骨盤になります。

●生理前後に痛みが強くなる坐骨神経痛
基本的に生理痛と坐骨神経痛の直接な繋がりはないですが、生理痛でお腹が痛くなることによって、お腹や腰の方にちょっと力が入ったりします。

●妊娠がきっかけで坐骨神経痛になる?
お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、母体にかかる負担が大きくなり、筋肉や骨盤・股関節など、様々なところに負担がかかり、腰痛や肩痛を発生させてしまいます。

●妊婦と坐骨神経痛との関連
妊娠してお腹が大きくなるにつれ、腰が反れば反るほど、腰の骨(腰椎)に負担がかかってしまった事が原因による坐骨神経痛が考えられます。

●どうにかしたい!産後の坐骨神経痛
出産した後にその骨盤が開いた状態のままで生活しますと、身体のバランスが上手くとれなくて背骨の方にも負担が掛かって坐骨神経痛になりやすくなります。

●デスクワークの姿勢と坐骨神経痛
良い姿勢を長く保つには、腰や背中の辺りにクッションや或いはタオルを折り畳んで腰と背もたれの間に挟むと支点となって良い姿勢が保ちやすくなります。

●デスクワークの姿勢は坐骨神経痛になる?
デスクワークの姿勢は、猫背になりやすく、顎が前に出て重い頭を支える猫背姿勢になってしまい、腰椎の前弯をなくし、椎間板への負担を強めます。

●なぜ?坐骨神経痛はお尻が痛いの?
坐骨神経痛で腰やお尻の辺りが痛むのは、お尻には大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋の4つの筋肉があり、その筋肉などで神経を圧迫しているからです。

●ツライ・・・坐骨神経痛と引きつる足の痛み
坐骨神経痛でも、人によっては言葉の表現として足が引きつる、足が攣ったような形になるという表現をされる方もいらっしゃいます。

坐骨神経痛の改善方法

血行障害が引き起こす

血行障害と言いますと、腰から足にかけて動脈と静脈がありますが、動脈が圧迫されて痛みが出る症状と静脈が圧迫されて血行障害が出る場合があります。
まず、動脈の方の血液の流れが悪くなると、腰から足に向かっての動脈がありますので、下半身の血流が悪くなって痛みや痺れ、冷えにつながります。

そして静脈の場合は動脈と反対で、血液が足から心臓へ向かう静脈は、流れている血液が心臓へ戻っていかずに、その場に滞ってしまって老廃物が留まってしまいますので、症状としては痛みや震え、むくみ、だるさ、重さなどの症状があります。

どのように改善していけばいいのか?

坐骨神経痛といいますと、動脈や静脈のどちらに原因があるのか?あるいは圧迫されている場所によって、症状が出る場所などの違いもありますので、それによって施術の判断ができるかと思います。

動脈や静脈、いずれに原因があっても、血液の流れが悪くなることによって、痛みや痺れなどの症状に繋がりますので、どうやって改善していけばいいのか?と言いますと、血行の流れが良くなれば、痛みや痺れ、冷えや重さなどの症状も改善してくるということになります。

坐骨神経痛の根本原因は筋肉硬直にあり

血液の流れが悪くなる原因としては、血管の周りの筋肉が硬くなる、血管を圧迫すること(ゴムホースを握り潰すような感じ)になりますので、筋肉を柔らかくしてあげれば血管の圧迫が取れて、血行の流れが良くなって症状が改善すると行ったことになります。

例えば、膝裏あたりの筋肉の収縮が原因で、脹脛の痛みや痺れに繋がっているとした場合、むくみや痛みといった症状も、脹脛の筋肉を柔らかくすることによって改善が期待できます。
この場合、脹脛の裏の筋肉だけを柔らかくしても一時的な症状の改善にしかならない場合もあります。
その場合、根本的な原因は腰の筋肉です。腰椎1〜5番あたりの筋肉(肋骨の下〜骨盤の上の間)を柔らかくすることで、腰から下の筋肉も柔らかくなり、血管を圧迫することもなくなります。

●坐骨神経痛の原因は?
背骨や骨盤だけではなくお尻にある「梨状筋」と言う筋肉が硬くなる事によって坐骨神経痛の症状が出る、梨状筋症候群が原因のこともあります。

●坐骨神経痛の改善方法
一番大切なのは「何故、坐骨神経痛になっているのか?」「なぜ、坐骨神経痛の症状が出てるのか?」「根本的な原因はどこなのか?」を見極めることが大切です。

●整体での坐骨神経痛の施術とは?
当整体院では、一つの手技療法だけで施術ではなく、痛みの原因に合わせてさまざまな手技療法を取り入れながら、症状を改善していきます。

●根本から見直す!坐骨神経痛と施術と体操
坐骨神経痛の主な原因として、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアが挙げられ、まずは「なぜそうなったのか?」を知ることも早期完治には重要なことです。

●運動により坐骨神経痛を予防できる
坐骨神経痛の予防という観点から、姿勢の改善だけでもかなりの効果が見られますから、ここから試してみましょう。

●坐骨神経痛を予防するストレッチ
適度な運動やストレッチで背骨周りの筋肉の柔軟性を高めておけば、坐骨神経痛を引き起こすリスクを軽減することができます。

●坐骨神経痛はお尻筋肉ほぐしで治るか?
お尻が硬いこりがあるのも一つの原因ですし、腰の骨が硬くなったり、骨盤の動きが悪い、或いは筋力低下によって坐骨神経痛になったりもします。

●坐骨神経痛を治す整体ってある?
坐骨神経痛を改善させるには、整体だけではダメで、日頃の生活習慣の改善も必要になります。そこを含めた技術と経験が必要なのです。

●坐骨神経痛とお尻のコリをほぐす
ストレッチなどで、大臀筋・中臀筋・小臀筋、梨状筋、トータルで満遍なく解すことによって、症状の緩和がより効果が上がってきます。

●坐骨神経痛とお尻のコリをほぐす
歩くのにも辛いという状態なのに無理やり歩いてしまいますと、更に症状が悪化する恐れもありますので先ずは安静にすることが重要です。

●簡単に出来る!坐骨神経痛の予防
坐骨神経痛の予防としては、姿勢を正しくする、良い姿勢を保つという事が坐骨神経痛の予防に繋がっていきます。

●知っておけば予防出来る?坐骨神経痛の座り方
神経の圧迫を起こさない姿勢を探して頂いて、どこかの動きで神経痛がとれないまでにしても、和らぐ姿勢を見つけましょう。

●今すぐ覚えたい!坐骨神経痛を予防する運動
柔軟体操やストレッチ或いは筋力トレーニングをして、筋力で背骨をしっかり支えてあげる事によって身体を丈夫にする必要があります。

●効果ありますか?坐骨神経痛の予防ストレッチ
太股の裏側に神経痛の状態が出やすいですので、ハムストリングスを伸ばすストレッチ、足を伸ばして身体を前に倒すなどのストレッチが効果的です。

●座ると痛い坐骨神経痛の対策ストレッチ
猫背のような腰やお尻に負担かかる座り方ではなく、真っ直ぐ良い姿勢を保って、正しい姿勢を意識しましょう。

●坐骨神経痛を改善するための施術と体操
筋力が低下して背骨が支えられなくなったり、お尻の筋肉が弱くなりますと、良い姿勢が保てない、骨盤が歪むなどの弊害によって坐骨神経痛になります。

●整体師が教える!坐骨神経痛の自己ケア方法
一番大切なのはなぜ坐骨神経痛になってるのか、根本的な原因はどこなのかを見極めるのが大切です。

●坐骨神経痛のお尻のコリをほぐす3つのストレッチ
ストレッチには、椅子の上であぐら・股関節のストレッチ・腰のストレッチなどの種類がありますので、ストレッチや運動療法を行いましょう。

●出来ることから始める坐骨神経痛ストレッチ
股関節を曲げてお尻の筋肉を伸ばしながら股関節の動きを付けてあげると、神経痛や股関節をストレッチをすると楽になる方もいます。

●専門家が教える!坐骨神経痛の改善方法
神経痛が治った後も適度な運動、ストレッチ、腰に負担かからない生活習慣を心がけて頂く事が大切になります。

坐骨神経痛を改善させたいと、新宿で整体院をお探しのあなたへ

お客さま事例

imgp0034
坐骨神経痛にお悩みで当院に来られた、20代女性のお客さまの事例です。

この方は、東京都新宿区市谷本村町にお住いのイベント設営の方で「ホームページを見たら、坐骨神経痛の施術をやっているようだから。他の治療院はあまりやっていない。昨年夏ごろから腰痛で最近しびれが出始めた。仕事がきつく疲労が強い。」という理由で当院に来られました。

しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操、施術後の安静方法のアドバイスや『坐骨神経痛を予防するストレッチの目的』の実践により、今は坐骨神経痛も以前に比べるとはるかに楽になったそうです。

坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(4分53秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

まとめ

坐骨神経痛の根本原因

坐骨神経痛は、神経の圧迫と血管の圧迫を分けて考える必要があると思います。

血行障害が引き起こす

動脈圧迫されて痛みが出る症状と、静脈圧迫されて血行障害が出る場合があります。

坐骨神経痛の根本原因は筋肉硬直にあり

血管の周りの筋肉が硬くなることで、血管を圧迫しますので、筋肉を柔らかくします。

西新宿肩こり腰痛整体院 坂本
坐骨神経痛の原因は、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症など様々ありますので、まずは整形外科でしっかりと現状把握を行うことが重要です。
当整体院では、坐骨神経痛の対策として、腰椎1〜5番あたりの筋肉を柔らかくすることで、血流を改善し痛みを改善させていくという方法を行っていきます。
また、腰の筋肉を柔らかくするということは、再発を予防するという効果もあります。
ただ痛みが引いて施術終了だと、ちょっと負担がかかると痛みが再発しやすい状態になりますので、腰の筋肉を柔らかくして再発しない状態まで筋肉を柔らかくしてあげれば、坐骨神経痛の再発に悩まされることなく快適な日常生活を送れるようになります。
大事なことは、坐骨神経痛になったら、自己判断せずに、まずは整形外科へ行き、診断を受けることです。病気ではないことが確認できたら、整体院などの治療院で筋肉をしっかりと緩める施術効果を確認するという流れがいいと思います。