【綺麗な脚になりたい!】O脚~症状と原因

O脚というのは、ひざを頂点として下肢が外方へ彎曲した内反膝した状態を指します。

外観的には、O脚は、足を揃えて直立した状態になった時、ひざ、太もも、ふくらはぎ、足首の4つの内側のどれか一つでもくっついていない状態を指します。

つまり、Oの文字のようになっていることからO脚と呼ばれるようになったのです。

O脚の原因は、大抵の場合、骨の変形や遺伝ではなく、日常生活での悪いクセや悪い姿勢などの生活習慣で、股関節、膝関節、足首関節に歪みが生じることで起きます。

O脚は程度の差こそあれ、日本人の90%がそれ該当していると言われているので、ほとんどの人がそうだと言ってもいいくらいです。

特に筋力が弱い女性に多く見られる傾向にあります。

基本的には2種類あり、1つは姿勢からくる後天的O脚で、これは姿勢の悪さなどで関節にひずみが生じて、ねじれや変位でなるもので、ほとんどのO脚がこれにあたります。

もう1つは構造的なO脚で、これは生まれつきの先天的なものや事故、ケガなどで骨格構造がゆがんで生じるものです。

O脚の症状としては、ひざ関節や股関節などの痛み、冷え性、足のむくみ、腰痛、肩こり、疲れなどが挙げられます。