頭痛を軽減させるための生活習慣とは?

西新宿肩こり腰痛整体院 坂本 こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。

頭痛を軽減させるための生活習慣」について解説します。

頭痛もちの人にとってはどこで痛みが発生するかということにいつもヒヤヒヤしていると思います。
その中でも歩いてる時に起こる頭痛が悪化する原因というものをお知らせします。

基本的に血液がドロドロの人は激しい運動をしなくても通常歩行でも頭痛が悪化しやすいといわれていて、このタイプの場合は一定の水分補給をすることで痛みを軽減できるといわれています。

また、それほど多くないですが、一般的な歩行だけでも脳内の酸素濃度が低くなって頭痛が悪化する例というものもあります。
上記のような体質の方は軽い運動でもあくびが頻繁に出ることが多く、これは脳内の酸素が足りないというカラダのサインになります。

このとき、通常止まって深呼吸を数回すればある程度痛みを軽減することができるのですが、これを放置すると、歩いている時に起こる頭痛が悪化するといわれています。
通常、ただ歩いているだけで頭痛が悪化するということは少ないですが、もしもの時のために上記の点は知っておいてください。

あるている時に起こる頭痛というものは体質や食習慣の改善でどうにかなるという場合も多いですから、根本的な解決を望む人は生活習慣の改善を図ってみてください。


 頭痛を軽減させるための生活習慣って何?

頭痛を軽減させるための生活習慣とは、やはり何と言っても規則正しい生活を送る事にあります。
その中でも一番重要だと考えられるのは睡眠です。

睡眠不足は自律神経の機能の低下を招き、血管の拡張を引き起こします。
血管の拡張から筋肉の緊張や頭痛が起こる事に繋がると言われています。

また、睡眠のとり過ぎも血管が広がってしまいますので好ましくありません。
規則正しい生活とは、一日に三食の食事をとり、暴飲暴食は避け、適度な睡眠をとる事から始まります。
規則正しい生活をおくる事がストレスを溜めない精神状態を保ち、ホルモンのバランスも正常な状態を保つ事に繋がります。

喫煙などの習慣のある人も、タバコは血管を収縮させる働きがありますので、血行不良を招き、頭痛に繋がる事があります。
血行不良を改善する為には、適度に身体を動かす様に心掛け、出来れば禁煙をお勧めします。

また、肩こりや目の使い過ぎも頭痛の原因となりますので、肩や目が疲れたと感じた時は、可能であれば、肩をまわしたり、目を閉じたりと少しの休憩を取る事が大事です。


 頭痛を改善させたいと、
 新宿区で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例
偏頭痛にお悩みで当院に来られた、30代女性のお客さまの事例です。
この方は、東京都大田区仲六郷にお住いの主婦の方で、「たくさんのお客さま体験談が参考になって、安心できた、、、」という理由で当院に来られました。

詳しく検査をしてみると、腰痛だけではなく「肩こり・片頭痛猫背・慢性疲労・むくみ」などのお悩みも抱えていました。
しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操、施術後の安静方法のアドバイスにより、今は偏頭痛・肩こり・片頭痛・猫背・慢性疲労・むくみも以前に比べると楽になったそうです。

詳しくはこちらの『偏頭痛のお客さま施術体験談』をご覧ください。
あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。


 まとめ

●頭痛が出る人の特徴
・血液がドロドロ(運動不足)
・マッサージをされる側も意思表示をしっかりとする事
●頭痛が出ないようにするには?
・しっかりと睡眠を取る
・ストレスを溜めない生活を送る
・タバコをやめた方がいい

西新宿肩こり腰痛整体院 坂本 自分にできる範囲から、運動不足の解消に努めるようにしましょう。。
いつもより10分多く歩くとか、エレベーターを階段に返るとかのレベルで構いませんので、身体を動かすということをやってみて下さい。

身体を動かすことだけで、運動不足の解消・ストレスの解消に繋がってきますのでおススメです。

ぜひ頭痛の方は『さまざまな慢性頭痛の種類』などを参考にして、頭痛の種類を見極めて頭痛にならない身体になってくださいね。

当整体院は、頭痛についてのアドバイスを行っていますので、いつでもお気軽にご相談ください。




カテゴリー: 顔や頭の症状について パーマリンク

コメントは停止中です。

西新宿肩こり腰痛整体院情報 受け付け電話番号