ジョギングしても浮腫む足のむくみ軽減方法

西新宿肩こり腰痛整体院 坂本 こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。

「ジョギングしても浮腫む足のむくみ軽減方法」について解説します。

毎日の健康を維持するためにジョギングなどを日々行っているという人も多いはずです。

そういった時に健康維持や体力といったことに関しては問題ないけど、ジョギングしている時に出来る足のむくみがどうしても気になるという方へ、『ジョギングしている時に出来る足のむくみを軽減する方法』をご紹介したいと思います。

一般的に自分が一番走りやすい速度でジョギングをするということが一般的ですが、足のむくみを軽減させるという意味ではゆっくりジョギングするということが最適といわれています。
自分が最もきつくない速度からワンテンポ遅いスピードでジョギングすることで足のむくみは軽減させることができるといわれています。

また、運動後の足のむくみはストレッチによって軽減できることは有名であり、ジョギング後に軽いストレッチをかかさず行うことでテンポを落とすことなく足のむくみを軽減させることができるということも知られています。

健康のためにジョギングをするという人も増えていますが、ジョギングにかかるカラダの負担というものもありますから、そういったケアということも頭の隅に入れておいてください。

 そもそも、むくみってなぜ起きるのか?

むくみの原因には、内臓機能の低下から起きるものと、姿勢や生活習慣から起きるものがあります。

むくみは正確には「浮腫」といい、体内に余分な水分と老廃物が溜まって起きる症状です。
食生活などがむくみの原因となる場合には、水分の摂り過ぎや塩分の取り過ぎが考えられます。

生活習慣がむくみの原因と考えられる場合は、長時間同じ姿勢での生活や、運動不足による代謝の低下などが挙げられます。

内臓の機能低下からむくみが起きる場合には、肝臓や心臓などの機能低下が原因となっている事が多い様です。

いずれの場合も、水分や老廃物を上手く尿として排泄出来ない状態から、むくみは起こりますが、むくみを心配するあまりに、水分を過剰に制限し過ぎる事も、逆にむくみの症状を悪化させる事に繋がる場合もありますので、注意が必要です。
老廃物を尿として排泄する為には、どうしても適度の水分は必要になってくるという事も知っておいた方が良いでしょう。

また、血行不良もむくみには大きく関係してきますので、むくみやすい人は身体を冷やさない様にしたり、運動により血流を改善するなども効果的です。

ですので、『お風呂でのストレッチのメリット』を参考にしていただいて
大臀筋をほぐす3つのストレッチと効果』を行ってみて下さい。

足のむくみにも変化が現れると思いますよ。


 むくみを改善させたいと、
 新宿区で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例
腰痛にお悩みで当院に来られた、30代女性のお客さまの事例です。
この方は、東京都新宿区新宿にお住いの美容師の方で、「お客様の声が他のホームページと比べてよかった。むくみを楽にしてくれそう、、、」という理由で当院に来られました。

詳しく検査をしてみると、むくみだけではなく「昔からの慢性腰痛と猫背」などのお悩みも抱えていました。
しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操、施術後の安静方法のアドバイスにより、今はむくみ・腰痛・猫背も以前に比べると楽になったそうです。

あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。


 まとめ

●生活習慣からくるむくみ
・長時間同じ姿勢での生活や、運動不足による代謝の低下

●内臓の機能低下からむくみ
・肝臓や心臓などの機能低下

西新宿肩こり腰痛整体院 坂本 人間の体には水分はかあならず必要ですので、水分を抑えるという方法ではなく、運動やお風呂やマッサージといった血行改善からアプローチする対策方法を行うといいでしょう。
身体を冷やさないような生活を心掛けてください。

特に、ウォーキングを始めたばかりの時期は注意してください。
あとは『血行促進で肩こりを完全解消させる4つの方法』などを参考にして、体のケアの方も忘れないでくださいね。

当整体院は、腰痛についてのアドバイスを行っていますので、いつでもお気軽にご相談ください。