【最近話題!?】ゆっくり歩くだけでも老化防止になる

西新宿肩こり腰痛整体院 坂本 こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。

「ゆっくり歩くだけでも老化防止になる」について解説します。

大阪人は歩く速さが日本一速いと言う様な事がテレビ番組で紹介されることが多いですが、速く歩くメリットがある一方で「ゆっくり歩くだけでも老化防止になる」ということが最近話題になっています。

一般的にはスロージョギングとして知られ、NHKの番組等でも紹介されています。

このスロージョギングは老化防止になるということで注目されているのですが、どういった効果があるのかというと、血糖値や血圧、そして尿酸値の低下などに役立つとされ、生活習慣病の予防になると同時にカラダに負担をかけずに腰周りや膝周りの筋肉をつけることができるため膝痛や腰痛を予防するということにも効果があるそうです。

このゆっくり歩くという動作のポイントは、踵から足をつくのではなく、指の付け根の関節から着地するということがあげられています。

老化防止に日々の生活から改善させたいと考えている方はぜひ「ゆっくり歩くだけでも老化防止になる」ということを知っておいてください。

ちなみに遅筋と呼ばれる筋力の増強にスロージョギングは有効だということも知られていますよ。

 負担がかからないスロージョギングのやり方

スロージョギングというのは元々、普通のジョギングよりも体に負担がかからないジョギング法ですが、無理をするとジョギング程ではないにしろ、やはり体に負担をかける事になってしまいます。

正しく体に負担のかからないスロージョギングの方法は簡単です。
速度は気にせずに自分の楽な速度で走る事が一番の基本と言えるでしょう。
極端に言ってしまえば、歩くよりも遅い速度でも構いません。

姿勢を正して全体的には少し前傾姿勢に走る様にします。
地面を勢いよく蹴る様な走り方ではなく、足音を抑える様なイメージでゆっくりと脚で地面を押す様に走りましょう。
呼吸が乱れたり、疲れてきたと感じたら、無理はせずに歩いてみましょう。

そして、呼吸が戻りまた走りたくなったらスロージョギングを再開して下さい。
ここで一向に楽な呼吸に戻らずつらい様でしたら、その日は終了する様にしましょう。

最初は直ぐに疲れてしまう様でも、継続して続けていく事により長くスロージョギングが出来る様になりますので。
決して無理はせずに、その時の自分の体力や筋力にあった運動量で行う事が、体に負担のかからないスロージョギングのやり方です。

または、こちらの血行改善にはもってこい『腰痛体操の効果を高める3つの入浴方法』も参考にしてみて下さい。
血液循環を活発にすることで、身体の変化も出てきます。