原因はこれ?合わない入れ歯は頭痛になる?

こんにちは、新宿区の整体
「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。

当院のお客様より、 「合わない入れ歯は頭痛になる?」 という質問をいただきましたので解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://www.youtube.com/watch?v=hqCU6dG-QMY

 合わない入れ歯は頭痛になる?

●【合わない入れ歯は頭痛になる?】
「合わない入れ歯を使うとなぜ頭痛になるのか?」について解説したいと思います。

入れ歯を使ってらっしゃる方で入れ歯が合わない、噛み合わせが悪い、上手く物が噛めないっていう方の中で入れ歯が原因で頭痛になる方がいらっしゃいます。

なぜ入れ歯が合わない、そういう入れ歯を使っていると頭痛まで繋がるかと言いますと、やはり物を噛む咀嚼をするという事は非常に大切な動きになります。

少しこの噛み合わせが悪いだけでも、顎の筋肉の疲れ方が変わってきますので、顎の筋肉の疲れ方が変われば顎関節の方にも影響が起きて物が噛みにくくなります。

●【物が噛みにくくなると?】
物が噛みにくくなると更に、顎の筋肉が疲れやすくなると顎の筋肉というのは首の方に近いですから、首が疲れやすく或いは首が痛くなったりもします。

そうすると、肩こりや首の疲れから頭痛になる方がいらっしゃる様に顎が疲れると首が疲れる、或いは痛みが出る。

首が疲れた痛みが出ることによって頭痛に繋がるというふうに考えられていますので、合わない入れ歯を使ってらっしゃる方は、もう一度歯型をとって自分にぴったり合う入れ歯を使って頂けるといいかと思います。

 首痛を改善させたいと、
 新宿区で整体院をお探しのあなたへ

■【お客さま事例】
imgp0034
首痛にお悩みで当院に来られた、50代女性のお客さまの事例です。

この方は、東京都新宿区北山伏町にお住いの主婦の方で「女性の来院が多く、先生の経験がありそう。洋裁が趣味で毎日友人からの依頼の服を制作。
1日7時間位は作業している。ずっと肩こりで、よくマッサージに行っていたけど、その時だけでよくならず。しびれが強くなり病院で頚椎ヘルニアと診断されたが、
投薬治療でよくならないので、探して来院。」という理由で当院に来られました。

詳しく検査をしてみると、「頚椎ヘルニア」などのお悩みも抱えていました。
しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操、施術後の安静方法のアドバイスにより、今は首痛が以前に比べると楽になったそうです。

あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

https://youtu.be/cypU2utis60

↑中心のボタンを押すと再生(1分38秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

 まとめ

●【合わない入れ歯は頭痛になる?】
噛み合わせが悪いだけでも、顎の筋肉の疲れ方が変わってきます。

●【物が噛みにくくなると?】
顎の筋肉が疲れやすくな、首が疲れやすく或いは首痛につながります。

西新宿肩こり腰痛整体院 坂本
顎の噛み合わせが悪いということは、上下の顎がずれているということになります。
それはつまり、噛み合わせが悪くなり、均等に顎の筋肉に負担をかけることができません。
どちらかの顎の筋肉に負担をかけることになるのです。
1日3回程度は食事しますから、顎の筋肉に負担をかけ続けることになるのです。
顎の筋肉が緊張すると、もちろん血流が悪くなりますので、顎や顔の筋肉に負担がかかり、最終的に頭痛に繫がってしまうことになるのです。
噛み合わせがオカシイと感じたら、まずは歯科医の診断を仰ぐこともいいですし、専門知識を持った整体院にご相談してみてください。