腰痛改善!骨盤の歪みを整える3つの体操とコツ

西新宿肩こり腰痛整体院 坂本 こんにちは、新宿区の整体「西新宿肩こり腰痛整体院」の坂本です。

「腰痛改善!骨盤の歪みを整える3つの体操とコツ」について解説します。

■【骨盤の歪みが腰痛の元になる】
腰痛 骨盤歪み

骨盤の歪みと腰痛には、深い関係があるのをご存知ですか?


骨盤が歪むことで腰痛が起き、さらに痛みをかばおうと姿勢が悪くなってしまい、歪みが悪化してしまいます。
身体の中心部にある骨盤に歪みが発生してしまうと、背骨も曲がり、周囲の筋肉や椎間板に負担が掛かってしまい、腰痛が発生するのです。


また骨盤は4つの骨から形成されていて、 少しでも歪むと様々な症状を発してしまいます。


骨盤の歪みの原因はいろいろありますが、 原因の一つには生活習慣があります。
いつも同じ側の肩ばかりに、かばんをかけたり、同じ足ばかりを組んで座ったり、横を向いて寝る、片足に体重をかけて立つなど、日常的に行っている行動が原因になっていることがほとんどです。
このような生活習慣を改め、矯正していくことが大切になります。


また骨盤の歪みは、肥満の原因とも言われ、骨盤を正しくする事で美しい体型を手に入れる人もいる程です。


腰痛関係の本の中には、骨盤の歪みを直す体操が詳しく載っているものもあります。
腰に負担なく取り組むことができる方法で、骨盤の歪みを直すためには、自宅で出来る体操を選び、できるだけ実践して骨盤の歪みを直し、ストレスフリーな体を作りましょう。


骨盤の歪みを整える自宅でできる3つの体操

●●●体操①『骨盤をまっすぐに立てる体操』

後ろに倒れた骨盤をまっすぐに立て姿勢を整える骨盤体操で、下腹も同時に強化することができます。

「やり方」
胸を張って、真っ直ぐに胸を張った状態で、下腹とお尻にキュッと力を入れて立ちます。
両手は腰に沿えて、上半身はそのままの体勢で、お尻だけをプリッと後ろに出し、骨盤を前傾させる体勢を作ります。
これをゆっくり10回ほど繰り返します。

●●●体操②『お尻上げ体操』

腰が痛くても、あまり無理せずに行える腰を浮かすだけの骨盤体操

「やり方」
仰向けに横になり、両手両足を伸ばした状態で寝転びます。
その状態で腰とお尻を上げて、3秒間ほど上げた状態をキープして下ろします。
10~15秒ほどのインターバルで10~20回繰り返し行います。

●●●体操③『骨盤の歪みを整えるスクワット体操』

スクワットをすることによって、骨盤の歪みを整え、背筋がピンッと伸びてきます。

「やり方」
胸を張り顎を引いた状態で、肩幅に両足を広げた状態で膝を伸ばして立ちます。
両手は腰に当て、姿勢を維持したまま、膝を外側に向けてガニ股になるように腰を落としていきます。
ある程度下げた状態から膝をゆっくり伸ばしながら、元の状態へ戻りながら、最後はつま先立ちをして伸び切ります。
これを20~30回ほどを3セットくらいできればよいでしょう。
太ももやお尻の筋肉に疲労感を感じますので、無理をしない程度に行ってみて下さい。

骨盤体操で意識したい骨盤底筋の強化

●●●「骨盤底筋」とは、、、

骨盤底筋とは子宮や膀胱、膣などの臓器を支えている筋肉や靭帯のことを言います。
この役割は、肛門・尿道・膣を引き締める役割があり、この骨盤底筋が衰えてしまうと、骨盤の歪み・ボディラインの崩れ・尿漏れなどに繋がってしまうのです。

●●●「骨盤底筋を強化するメリット」とは、、、

  • 骨盤の歪みが整う
  • 下っ腹やお尻の引き締め効果
  • 猫背の姿勢改善、バストアップ
  • 生理痛や生理不順の改善
  • 尿漏れ、頻尿、便秘の改善
  • などの効果があるといわれています。

    ●●●「骨盤底筋を強化する方法」は、、、

    膝立ちの状態で、クッションなどを両太ももの間に挟み込みます。
    膣や肛門をゆっくりを締め上げる感じで、力を入れます。
    ゆっくりと呼吸をしながらリラックッスした状態で、息を吐きながら膣や肛門に力を入れていきます。
    これを10回ほど繰り返して、時間があれば3セットくらい行い、骨盤底筋を強化していきます。
    毎日、継続して行うことがとても重要で、同時にこの『腰痛体操の効果を高める3つの入浴方法』を行うと、骨盤体操の効果を高めることができます。

    腰痛を改善させたいと、
     新宿区で整体院をお探しのあなたへ

    ■お客さま事例

    腰痛にお悩みで当院に来られた、20代男性のお客さまの事例です。
    この方は、足立区千住にお住いの会社員として働いている方で、「田舎の父親が整膚で症状が良くなったので、整膚をやっているところを探していた、、、」という理由で、当整体院に来られました。


    身体の検査をしてみると、腰痛だけではなく「骨盤の歪み・右下肢の痛みなど」のお悩みも抱えていました。
    しっかりと筋肉を弛めてあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや睡眠・入浴での改善ポイント、自宅でできる『腰痛を楽に!大臀筋をほぐす3つのストレッチと効果』などで、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。


    あなたも、この自然形体療法を活用した施術をお試しになって、腰痛の変化を体験してみてはいかがですか?
    いつでもお気軽にご相談ください。


    まとめ

    ●骨盤の歪みが腰痛の元になる

    骨盤に歪みが発生してしまうと、背骨も曲がり、周囲の筋肉や椎間板に負担が掛かってしまい、腰痛が発生する。

    ●骨盤の歪みを整える3つの体操

    1. 骨盤をまっすぐに立てる体操
    2. お尻上げ体操
    3. 骨盤の歪みを整えるスクワット体操

    ●骨盤体操で意識したい骨盤底筋の強化

    「骨盤底筋」とは、、、
    肛門・尿道・膣を引き締める役割。


    「骨盤底筋を強化するメリット」は、、、
    骨盤の歪み・尿漏れ・ヒップアップなどの効果が期待される。


    「骨盤底筋を強化する方法」は、、、
    両足の太ももの間にクッションを挟み込み、肛門や膣に力を入れる運動。


    西新宿肩こり腰痛整体院 坂本

    骨盤の歪みも、腰痛の原因の一つです。
    骨盤がゆがんでいると、体の一部にのみ大きく負担がかかってしまうからです。


    さらには、骨盤の歪みによる腰痛が継続されてしまうと、ぎっくり腰に発展してしまう場合もあります。
    腰が痛いので筋肉に余分な力が入ってしまい、筋肉が緊張して凝り固まってしまうのです。


    この筋肉のコリから血行が悪くなり、酸素や栄養分が供給できず、老廃物も回収できないので、ますます腰が痛くなる、という悪循環が生まれます。
    つまり、骨盤のゆがみを原因とする腰痛は慢性化しやすいのですね。


    骨盤がゆがんでいると、ついつい楽な姿勢を無意識にえらんでしまうものです。
    この無意識に選ぶ楽な姿勢は、短時間なら楽かもしれません。


    しかし、長時間、続くと逆に体に負担をかけてしまいます。長時間維持する姿勢と考えると、正しい姿勢が最も適しているのです。
    ゆがんだ姿勢を長時間続けた結果、骨盤がゆがんでしまうのです。


    逆に考えると、正しい姿勢を継続することで、骨盤のゆがみも少しずつ正すことができるでしょう。
    つらい腰痛からすぐに開放されたい、即!結果を得たい!というのであれば、整体に通う事も効果的でしょう。


    腰痛など様々な痛みやしびれに悩まされない生活を手に入れてください。
    お気軽にご相談ください。
    諦めずに一緒に解決していきましょう。